%page_title% | ちゃこれぽ

キッチンリフォーム 予算オーバー

築18年の我が家のキッチンリフォームしました!

ここ1年程前からのキッチンの様々なトラブルの為、思い切って2019年10月からの消費税増税前の駆け込みリフォームに踏み切りました。

ところが、完全な予算オーバー!

どうする?!

メーカー選び

増税も後押しし、キッチンのリフォームに踏み切りました。

最近CMで見掛ける「タカラスタンダード」や「LIXIL リクシル」、水に強い「TOTO」なども人気ですね。

以前の自宅キッチンがクリナップだったことや、カスタマイズなどが豊富なところが気に入ったので、我が家はクリナップのスティデアに決めました!

早速ショールームを見に行くことに・・・

クリナップのショールームは、完全予約制。

専門スタッフが一人付いて、キッチンの設備やポイントなどを説明してくれます。

(ただし、ふらっと見るだけなら、予約は不要)

ところが、土日祝日は1か月先まで予約で一杯。

2019年10月からの消費税増税前の為、この時期は特に購入希望の方が多いそうです。

みんな考えていることは同じですね。笑

なんとか平日に都合を付けて、見学へ行ってきました。

クリナップのシステムキッチンの魅力とは?

クリナップのステディアはオールステンレスだから

  • カビやニオイが付きにくい。
  • 熱や腐食にも強い。

また、予算や好みに合わせていろいろカスタマイズできるところが魅力!

  • 扉の色や取っ手、ワークトップの素材が選べる!
  • 豊富なアイデアで収納すっきり!
  • シンクにゴミが溜まりにくい!
  • レンジフードに自動洗浄機能が付いてる!

例えば、スライド式の引き出しには、包丁やまな板、ラップなどがしまえるツールポケットと、引き出しを上下に分けて使うことができるスライドボックスがオプションで付けられます。

その他にも水の流れを考え、細かいゴミなどがシンクに溜まりにくい構造の「とってもクリン排水口」やお手入れ簡単な自動洗浄機能付の「洗エールレンジフード」、さらに、ワークトップ素材は数ある中から、予算に応じて好きな素材と色が選べたりと、至れり尽くせり。

キッチンはやっぱり20年近く経つと、どんどん進化していますね!

完全な予算オーバー

素敵なショールームを見学していると、金銭感覚が麻痺してきて、あれもこれも・・・とオプションを付け、いつの間にか驚くような金額になっていきます。(汗)

最初はシステムキッチンだけ入れ替えるつもりが、最後には長年使っていた食器棚を撤去し、キッチンをリフォームすることに・・・・

でも。。。。た、高い・・・提示してもらった見積もり金額が予想より高い!

これはまずい。

何を付けて、何を省くのか、電卓を片手に頭を悩ませます。

換気扇

予算を削ったところは換気扇。

既存のレンジフードを使うことにしました。

従来のプロペラファンからシロッコファンに変更すると、外を繋いでいる換気穴の位置が微妙に異なる為、穴を塞ぐ工事が別途必要となり、費用がさらに上乗せになるそう。。。

また、シロッコファンの掃除はプロに頼んだほうがいいよと工務店に言われたこともあり、今回は断念。

今まで付いていたレンジフードをそのまま使うことにして、新しいプロペラファンと入れ替えます。

料理してる人にしか見えない部分だし、ここは費用面でも妥協して、既存のものを使うことにしました。

もちろん、既存のレンジフードは専用のお掃除スタップの方に依頼して、きれいにクリーニングしてもらいます。

依頼したのは、お掃除本舗。

実は、お掃除代行というものをしたことがないので興味津々。

換気扇や床などを養生してから作業に入ります。

レンジフードの縁に溜まった油汚れや魚などを焼くグリルや、油はね防止の為に貼っていたシート部分を主に清掃していきます。

実は、パネルに粘着部分が張り付いてしまって取れなかったんですが、特殊な薬品で綺麗に落としてくれました。

食洗機はディープ型

食洗機ですが、ショールームで見学した際に、今までと同じ45センチサイズの食洗機を入れようとしていたのですが、なんだかサイズが小さいような。。。

今までは、フロントオープンタイプの食洗機だったので、上段に入れる食器は中のカゴをスライドして食器を入れていました。

そのため、プルオープンタイプの食洗機がなんだか小さく感じます。

スタンダードタイプの食洗機だと、約5人分、40点の食器が入るとのこと。

一方、ディープタイプと呼ばれる深型のものだと、約6人分、44点の食器を洗うことができます。

1度はスタンダードタイプで見積もりを取ったのですが、どうしても気になって。。。

ネットなどで検索すると、みなさん口をそろえて言っているのは、「思ったより食器が入らない。ディープ型にすれば良かった」という意見。

実は食洗機のお値段は、スタンダード型とディープ型とでは、約10万円違うんです。

だからみんな迷ってしまうんですよね。気持が痛いほど分かります。。。

しかも、省エネナビ付きなど高性能になるほど、値段も上昇。

どこの費用を削って、なにを優先するのか、本当に頭が痛いです。

でも、食器が入りきらないと手洗いのお皿が増えるし、手間も掛る。

悩みに悩んで、我が家は10万プラスして「デープ型バイオパワー除菌タイプ」に変更しました。

扉と取手

扉の色や素材も自分好みにカスタマイズできます。

Class1からClass5までグレードがあり、費用もまったく違ってきます。ちなみにClass1のグレードが一番高い!

我が家が選んだのは、Class4の「リュースウッド」鏡面の質感にこだわった木目柄です。

下から2番目のランクだけど、扉にはそんなに費用掛けなくてもいいかなという結論。

扉カラーは「ペアウッドアッシュ」。少しベージュがかった光沢のある素材にしました。

光沢感があるからまったく安っぽい感じはせず、いい感じです。

そして、取っ手は出っ張りのないスッキリとした印象の「ライン取手」。出っ張りがない分、狭いキッチンでもすっきりとした印象になりました。

ワークトップはアクリストンの「ソリッド」

色はナチュラルホワイトにしました。

アクリストンとは、人工大理石のことで、衝撃に強く、調味料などが付いてもすぐに落とすことが出来る優れもの。

また、熱で変色することもないので、うっかり熱い鍋などを置いても大丈夫!

このワークトップ、オフホワイトでとても綺麗なんだけど、ちょっと白すぎるかも・・・・

他にパウダーという種類もあって、砂目模様や素焼き風などがあったんですよね。

そちらのほうがより汚れが目立たなかったな~。きっと。ちょっとここは後悔。。

調理中にやっぱり多少の調味料の液だれとかあるので、凄く気になるんですよ。その都度気になって拭いてます。。。

ショールームで見たときに、すごく綺麗で素敵だったのですが、維持するのは大変だな・・・

拭けば取れるですけどね。

シンクは「とってもクリン排水口」

これはほんとにいい!

調理中に出る細かいゴミもス~っと流れるように排水口に流れていっちゃうんですよ。

しかも、シンクには特殊なエンボス加工と制振構造を施してあるので、傷が付きにくく、水のはねる音を吸収する効果があるらしい。

対面キッチンなので、やはり水の音が大きいのは結構気になるんですよね。

水栓金具はおしゃれなデザインも沢山あって迷ったけど、「サイレント水栓」にしました。

過去の経験上、デザイン重視で決めちゃうと壊れた時などの修理が大変なので。。。

このサイレント水栓、水音が静かでシャワーも細かいので、対面キッチンでも水音が気になりません。

ただ、慣れないと水が勢いよく出過ぎて、ちょうどお腹のあたりの服が濡れる。。。

以前とシンクと比較すると、シンクの深さが浅いのが原因かな。

水栓は他にもおしゃれな「スタイリッシュ水栓エフィーネ」やシンクの奥まで届くホース付きの水栓もあります。

もちろん、浄水器付きのものもあります。この辺りはお好みで。

我が家はここも節約。

浄水器ってカートリッジなどに継続的に費用が発生するし、こまめにお手入れすることに自信がないため、浄水器は無し。

また、シャワーのヘッドが取り外しでき、伸ばせるタイプの水栓も魅力的でしたが、シンクの大きさがそれほど大きくはないので、我が家の場合はホース付きシャワーは付けなくて正解でした。

シンクが広い場合はあったら便利かも。。。

便利な「ツールポケット」

シンクキャビネットとコンロキャビネット部分にそれぞれツールポケットをオプションで付けました。

ここは費用がプラスになっても欲しかった。

シンクキャビネットのツールポケットには、包丁やまな板、ラップなどを収納。

この包丁を入れるツールポケットには、小さいお子様のいるご家庭にも嬉しい、チャイルドロック機能が付いています。

小さいお子様が、うっかり包丁を出してしまうこともないので安心ですよ。

また、コンロキャビネットのツールポケットには、鍋の蓋や厚焼き卵用の四角いフランパン、そして、お玉やふらい返しなどのツールも収納できる優れもの。

今まで、ワークトップの上に置いていたごちゃごちゃしたツール類がなくなり、すっきりと広いワークトップになりました。

これはぜひ付けて欲しいな。

オススメです!

スライドボックスも魅力的だったのですが、逆に高さのあるものをしまうのに、不便かな~と思ったので付けませんでした。

スライドボックスを付けるとまたたくさん道具が増えちゃいそう。。。それくらい沢山収納できちゃう。

ハイフロアカウンター

ハイフロアカウンターは、炊飯器やオーブンレンジなどを収納出来る「家電収納庫引き出しタイプ」にしました。

これもお好みで「ダストボックス付き収納タイプ」なども選べます。

上部に取り付けた戸棚は耐震の関係で、そのまま壁に付けることが出来ないため、壁に板を補強して取り付けました。(工事費別)

この棚には、重箱やお弁当箱、水筒など軽いものをメインに収納。

右側の棚は4段の引き出しタイプをチョイス。ここに食器類を収納します。

引き出しはすべてサイレントレールなので、引き出しの出し入れがすごくスムーズ!

ガタガタいったりしないし、最後まで押し込まなくてもス~っと閉まってくれるので、ノンストレス!

もう少し広いキッチンならカップボードも入れたかったな~

スペース的に無理なんだけど。

マグカップやコップ類をどこにしまおう。。。

ニトリや無印などを毎週のように眺めながら、見つけたニトリの「ワイヤーラック」

シンプルなデザインでお気にいり。

カウンターにワイヤーラックを置いて、その中によく使うコップ類を収納することにしました。

なかなかいい!

他のお皿などは、引き出しに何度も入れたり出したりしながらやっとこの形に落ち着きました。

一段目にスプーンやフォークなどのカトラリーを。

二段目には、小皿類。

三段目は普段使いのコップや少し背の高い食器など。

パスタなどを入れる大皿や1点ものの深皿は一番下の引き出しに。

ここには、無印良品のファイルBOXを使用して、お皿を縦に収納。

少し小さめのディッシュ皿は、ニトリのプレートスタンドに。

以前の食器棚は観音開きタイプだったので、引き出し式の食器棚ってどうだろう?と少し不安でしたが、お皿を高く重ねられないので、逆に取り出しやすい!

ここに入りきらない大きいお皿(カレー皿やどんぶりなど)はシンク下の一番下のスライド部分に収納しました。

オーブンレンジとトースター、炊飯器を置き、すっきりとしたキッチンになりましたよ~

日常的によく使うお茶碗などは、炊飯器横にカゴに入れてセット。

毎日使うキッチンだからこそ、導線も考えて収納すると気持ちよく過ごすことが出来ますよね。

吊り戸棚の収納

今までの吊り戸棚収納は、ダイソーなどで買った安いプラスティック容器に細々したものを収納していたのですが、やはり取り出しにくいな~と日々感じていたのでこれを機にすべて処分!

使いやすいと評判の吊り戸棚ストッカーを大量購入~。

幅も2種類あるのでスペースに合わせて組み合わせ可能。

取り出しやすくなって、ほんとに快適です。

中身も見えるのですぐにどこに何があるのか、家族にもわかりやすいと好評。

透明なストッカーは、100均などにはないですよね。

あと、ちゃんと下まで真っ直ぐなので無駄なスペースがいらないのもいい!

IHコンロ

コンロは5年ほど前にオール電化にした際に、ガスコンロからIHに入れ替えたので、そのまま既存のものを使います。

1度取り外して綺麗になったIHコンロ周りは、フチの隙間をカバーして汚れをガード。

クリアカラーなので、目立たずぴたっと密着。

綺麗なキッチンを保つには最初が肝心です!

綺麗なキッチンを保つ秘訣

どうやって綺麗なキッチンを保てるかということを、友人と話したときに、定期的にお掃除のプロにお願いしている人が意外と多くてびっくり。

そ~なんだ。

お掃除代行って特別なことかと思っていたのですが、以前より身近になっているんですね~。

最近では、高齢化してきた世代の方がよくお掃除代行サービスを依頼しているそうです。

今回、換気扇フード回りのお掃除を頼んだことで、やはり自分だけで油汚れ全部を綺麗にするのには限界があるなと実感。

これからは、定期的に掃除をプロに依頼するのも、いいのかも・・・と思いました。

年末は依頼が増えて、希望の日程で予約が取りにくいそうなので、

早めに予約するのがいいみたい。


まとめ

クリナップのシステムキッチンは自分好みにカスタマイズ!

食洗機付きはもちろん、水栓のデザインや扉のカラーもぜーんぶオリジナル!

自分だけのお気に入りのキッチンになりますよ。

ステディアで特に良かった!と思ったものは、流レールとツールポケット!

食洗機は以前のものと比較すると、洗っているときの音がものすごく静かでしたが驚きました。

節水効果や省エネ効果も以前より高まっているらしい。

キッチンリフォームしたあとは、この綺麗なキッチンを維持したいな~と思う気持ちが強くなり、サボりがちだった片付けもちゃんとやるようになりました。笑

また、他の箇所も綺麗にしたいなと思うことが多くなり、冷蔵庫やフローリングなどの掃除もいつもよりも気合いが入るようになったのです。

相乗効果ってやつですね。笑

でも、たまには楽したい~!

そんな時はプロの方にお掃除してもらおう!

本当にきれいになるし、心にも余裕ができるのでおすすめ。

chakorepo