%page_title% | ちゃこれぽ

高級食パン「銀座に志かわ」国立駅にOpen

一度食べたいと思っていた、高級食パンの専門店「銀座に志かわ」がついに多摩地区に新規OPEN!

場所は国立駅の北口から徒歩2分のところにあります。

国立か~。

立川なら良かったな~というのが本音。

以前から乃が美セントル ザ・ベーカリー など、高級食パンのを食べるのが大好き。

美味しいパンは他にも沢山ありますが、なぜ、高級食パンがこんなにも人気なのでしょう?

銀座に志かわ

最近、続々とOPENしている「銀座に志かわ

国立店は国内で11店舗目となります。

場所は北口駅前のコメダ側の歩道を東京方面に歩いて、一つ目の信号を左に曲がってすぐにあります。

「に志かわ」って店の名前として、非常に変わっていると思いませんか?

はっきり言って、ちょっと覚えにくいし、検索しにくい。。。

由来を調べてみたところ、

社長のお名前が「仁志(ひとし)」で、その名前を「にし」と読んで、水にこだわった製法のパン造りをしているから、川をひらがなで付けたということらしいです。

水⇒川⇒かわ

なるほど。。。店名にもこだわりが強いですね。これは期待出来そう!

さて、店の名前にもこだわりがある「銀座に志かわ

食パンへのこだわりは、3つ!

  • 独自のアルカリイオン水
  • 最高級のカナダ産小麦粉
  • こだわりのはちみつ、生クリーム、バター

これらの選び抜かれた食材で、「銀座に志かわ」のおいしい食パンが完成するんですね!

銀座に志かわ」の食パンは、和食のおかずにも合う「和食とのマリアージュも楽しめる“次世代食パン”」をコンセプトとしています。

和食にも合うってどんな味なんでしょう?

予約ができます

OPEN前に予約可能という情報をGETしたので、予約開始日の夕方、早速お店に電話(042-843-0360)

しかし、残念ながら繋がらず。。。

後日、昼間に電話を掛け直すと意外にもすんなり繋がりました。でも、希望していた土曜日の時間は夕方にしか予約が出来ず、2週間後の土曜日の12時に予約をすることにしました。

銀座に志かわ」では、1時間毎に予約の枠を設けていて、予約した時間内に引き取りに行く必要があります。

本数制限は一人2本まで。

電話の感じだと、必ず引き取りに行ける時間じゃないと、駄目っぽい。。。

当日少し早めに店に到着したのですが、無事に受け取ることができましたよ。

ネットの口コミで、「電話予約したのに予約自体がされていなかった」などと書かれていたので、心配していたのですが、ちゃんと受け取れたので一安心。

予約をせずに購入したい人には、店頭で整理券を配布していました。

焼き上がりのタイミングが悪いと、かなり待たされそうな雰囲気。

私の後に来たお客様は、30分後の整理券をもらっていました。

今日は雨だし、お客様も少ないのかもしれませんね。

店内には予約済みの食パンが、陳列棚一杯に置いてありました。

今日は、パン好きな実家の家族の分も含めて、2本予約。

しっかりとした紙の手提げ袋に入れてくれます。

これなら手土産に持って行っても喜ばれますね。

「銀座に志かわ」の食パンの食べ方

今夜はパンに合う献立にして、さっそく食べてみましょう!

ちなみに本日のメニューは和食ではなく洋食。

袋から取り出すと。。。。

や、やわらかい・・・でもずっしり!!

もちろん、焼かずにそのまま何も付けずに頂きます!

きめが細かくて、しっとり柔らかい。ほんのり甘い味。蜂蜜かな?

とても上品な甘さですね。パンの耳も美味しい。

2斤分でしたが、美味しすぎて1日目ですでに半分以上食べちゃった。

明日の朝、足りるかな。。。苦笑

しばらくすると、実家の母からこんなメールが・・・

「普段は夜にパン食べないんだけど、美味しそうだったから待ちきれずに食べてみた。

こんな美味しい食パンは、今まで食べたことない~!また、買ってきてね!」

と感激のメールが届きました。

ちなみに、実家ではおかずは和食だったようです。

和食好きな両親にも気に入って貰えたようで、良かったです。

まとめ

高級食パンで有名な「銀座に志かわ」がついに多摩地区に新規OPEN!

こだわりの食材で作られた食パンは至福の美味しさ。

値段もお高いのに、なぜこれほどまでに高級食パンが人気なのか?

それは、1日経っても柔らかく、飽きることなく、美味しく食べれるところにあるのではないでしょうか?

食パンはシンプルがゆえ、素材の味や製法に寄って、店毎に味が大きく変わります。

だからこそ、こだわりの素材を厳選し、丁寧に作られているのだと思います。

わざわざ、足を運んでもまた食べたい!と思うパンが、高級食パンなんだろうな~。

<追記>

最近、国立駅のnonowaにOPENした、Bull Puluでタピオカも買って帰りましたよ。

私は杏仁ミルクティー。

子供達には、それぞれ、黒糖ミルクティーと黒糖ミルクを買いました。

国立駅は学生の多い街なので、学校の終わる15時くらいが一番混んでるみたいですよ。

に志かわの食パンとBull Puluのタピオカ。

美味しい物に囲まれて、幸せな一日でした。

ぜひ、お近くにいらした際には寄って見て下さいね。

chakorepo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする