%page_title% | ちゃこれぽ

アトピー対策に本当に効果があったもの2つ

アトピー性皮膚炎に悩んでいる方に、少しでも参考になれば。。。。と思い、記事を書いています。

我が家には息子と娘がおりますが、アトピー性皮膚炎と診断されたのは息子のみ。

現在、21歳になった息子は、だいぶ症状が改善し、服薬や塗り薬も時々塗る程度にまでになりました。

長年、色々なことを試してきて、一体何が一番効果あったと思いますか?

卵アレルギーから始まった・・・

初めてアレルギー反応が出たのは、卵の白身。

離乳食の際に、少しずつ卵黄から食べさていたのですが、初めて卵の白身を食べたときに、噴水のように吐いてしまい、すぐ救に急病院へ。

幸い、2歳くらいから徐々に卵白によるアレルギーは治まったため、小学校に入学する頃には、卵を食べても症状は出ないようになりました。

しかし、その後、一般的に言われる「アレルギーマーチ」が始まったのです。

アレルギーマーチとは?

アレルギーマーチという言葉、聞いたことありますか?

アレルギーマーチとは、アレルギーになりやすい子どもが成長するにつれて、いろいろなアレルギー疾患に順番にかかっていく様子をたとえたものです。

乳幼児期のアトピー性皮膚炎を始まりとし、続いて食物アレルギー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎と次々と異なる時期に出現してくることが多く、これを「アレルギー・マーチ(atopic march)」と呼びます。

我が家の息子も、まさしくこのアレルギーマーチに次々と罹りました。

アトピー性皮膚炎、耳の下が切れる「耳切れ」、滲出性中耳炎、喘息・・・

いろいろ試した

何をしたら良くなるのかと、毎日考えていた時期もありました。

ネットなどで様々な情報が飛び交っていて、アトピー性皮膚炎が治る!などという謳い文句で高額なものを売っているサイトも沢山存在しています。

部屋の中が汚いからじゃないか?と高性能な掃除機を買ってみたり、皮膚科で貰う薬の種類をネットで調べて必要以上に不安になったり。。。

また、洗濯洗剤が残留しているから、肌が荒れるんだ・・・とドラッグストアで手に入る液体洗剤をやめてネットでしか手に入らない粉石鹸に変更してみたり。

粉石鹸は洗濯の方法にコツがあり、仕事をしている私には時間の余裕もなく、独特な洗い方が難しかったのです。

結果、洗濯機に洗剤カスが残ってしまい、嫌なにおいの原因になったり、カビの原因になったりして断念。

その中でも比較的使いやすかった洗剤がこちらの「ミヨシ石鹸無添加 お肌のための洗濯用液体せっけん

無添加や無配合をうたう商品はたくさんありますが、ミヨシ石鹸の「お肌のための洗濯用液体せっけん」は着色料・防腐剤・香料全てが無配合です。原料は水と純石鹸分のみ。

また、布団を干したあと、布団クリーナーの「レイコップ」で念入りに掃除もしました。

効果があるのは分かっているのですが、我が家では毎日使用するのには限界が。。

お休みの日の晴れた日に、布団を干した後、レイコップで布団のお掃除をしています。



本当に効いたもの     その1

本当に効いたもの それは、キュレルの入浴剤!

少しずつよくなっているかのように見えた身体のアトピーも、受験期になると酷くなっていきます。

ストレスも重なっていたのでしょう。この受験期が一番酷かったように思います。

ネットを見ていたら、

  • 水道水の塩素はかゆみや肌荒れなどの肌トラブルに繋がる
  • 敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方は水道水の塩素の影響を受けやすく、肌に触れただけでもかゆみを伴うことがある

という内容の記事を読みました。

そこで、お風呂に塩素を和らげる効果のあるという、「アスコルビン酸(ビタミンC)の粉末」を入れてみることに。。。

が・・・あまり効果を感じられず。

そこで、ドラッグストアで見つけた、「キュレル」の入浴剤に変更してみました。

白濁タイプで、無香料。

一週間後、お風呂から出てきた息子がこう言いました。

この入浴剤、なんかいいね

特別に潤う!という感じではないのですが、入れ忘れるとお風呂から出たあと、肌が乾燥しているのだそう。

この違い、正直鈍感な私にはわかりません。苦笑

肌が敏感な息子だからこそ、わかる違いなんだと思います。

使い始めてから3年程経ちます。

安心のキュレル。無いと困ります。

本当に効いたもの     その2

本当に効いたもの それは、テイジン (Teijin)  ミクロガード!

子供の頃から、布団に入ってしばらくすると、身体が温まって痒くなる。。。よくそう言っていました。

皮膚科で言われていたのは、寝汗をかきやすいから、肌着はなし。

薄手のパジャマを一枚着ればいいと言われていたので、真冬でも薄着で寝ています。

それでも、首、背中と膝の裏、お尻のあたりがまだ治らず。

身体の背中側のアトピー性皮膚炎が、なかなか良くならない。

原因は布団?

洗える防ダニ布団購入も考えましたが、セットで揃えるとかなりの金額になります。

もともと、羽毛布団はアレルギー持ちにはあまり良くないと聞いていたので使っていません。

そこで、「テイジン (Teijin)  ミクロガード」の布団カバーと枕カバーを試しに購入してみることにしました。

ミクロガードにした理由は、

  • 防ダニ剤を一切使っていない
  • 極細繊維を高密度に織り上げることで、繊維の隙間に入り込もうとするダニやホコリをしっかり遮断する
  • 速乾性に優れているから、一枚でも洗濯してすぐ乾く
  • Made in Japan

防ダニ剤などを使用したものは、洗うことで効果が薄れるし、なにより薬剤が顔や身体に付くのが嫌だったからです。

また、予備を購入しなくても、洗ったらすぐ乾くというのが魅力でした。

さらさらとした生地なので、汗をかいてもべたつくこともなく、ひんやりとした肌触りでシルクのよう。。。

このミクロガードの効果もあり、今では背中側に残っていたアトピー性皮膚炎もすっかり良くなっています。

花粉症気味の娘にもセットで購入。

こちらは使い始めてから、既に5年程経ちますが、未だにほつれる箇所もなく、本当に丈夫。

洗っても生地がヘタれることもありません。

シーツにしては高い!と思っていたけど、長持ちするし、アトピー性皮膚炎は良くなるし、とても良い買い物をしたと満足しています。

悩んでいる人には本当に試して欲しいシーツです。

まとめ

アトピー性皮膚炎は、1に保湿、2に保湿!

入浴剤や保湿剤を上手に使って、症状を改善することができます。

また、痒みの原因となるアレルゲンを特定することで、除去することができます。

布団は清潔を保ち、アレルゲンの元となるダニや埃を寄せ付けない対策が必要。

自分だけで悩まず、皮膚科に相談したり、家族みんなで協力することが大切ですよ。

早く良くなることを願っています。

chakorepo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする