%page_title% | ちゃこれぽ

スマートウォッチXiaomi Mi band 3を使ってみた

今、流行りのスマートウォッチ。

ちょっと使ってみたいけど高いし、実際歩数カウントするだけならスマホで十分。

そんなあなたに、楽しくダイエットが続けられる、安くて多機能スマートウォッチ、

Xiaomi Mi band 3(シャオミ スマートウォッチ )をご紹介します。

そもそもスマートウォッチってなに?

スマートウォッチって最近よく耳にしますよね?

スマホとは違い、主に服や腕など身に着けたまま使える端末のことで、ランニングやフィットネスの際に、腕につけて移動距離を測定したり、消費カロリーや心拍数などを計測することができ、スポーツをする人や健康志向の方に人気があります。

最近では、さまざまなメーカーから多機能なものが続々と発売されていて、

GPS機能のついたものや防水機能付き、さらにはスマートフォンの着信やメールを通知してくれる通知機能が搭載されているものもあります

値段は40,000円位するような高いものから5,000円程度で購入できるお手頃価格のものまでさまざま。

スマートウォッチは、これからどんどん人気が出てくる注目の商品です。

スマートウォッチは必要?

正直、スマートウォッチなんて、最初は必要ないと思っていました。3日前までは。。。笑

きっかけは、友達の一言。

「Xiaomi Mi band 3(シャオミ スマートウォッチ )買ったんだ!安いけどちゃんと通知機能付いてるから使いやすくていいよ~!」

え?!

通知機能付いてるの? 便利!

安いっていくら?? 

5,000円で買えるの? 安い!!

普通、通知機能付いてるスマートウォッチって高いよね?

そもそも、Xiaomiってどこのメーカー?? こんなに安くて大丈夫?

ここから、私のXiaomi Mi band 3の情報収集検索が開始します。

Xiaomi Mi band 3の搭載機能は?

どんな搭載機能があるのか調べてみると。。。

  • 高精細OLEDタッチスクリーン搭載
  • 5気圧(50m)防水
  • メッセージ内容を通知する通知機能付き
  • 歩数、運動時間、距離、心拍数およびその他のデータをリアルタイム表示
  • 睡眠の質のモニタリング
  • アイドルアラート(座りすぎ防止)
  • 1回のフル充電で連続利用20日間OK
  • 天気予報表示(3日間の天気、温度をスクロール表示)

すごい、いろいろ出来るのに、安いなんてかなり魅力的。

今までのXiaomi Mi band 2では画面表示に日本語設定がなかったみたいですが、Xiaomi Mi band 3からは日本語設定が可能。

早速現物をリサーチしなくちゃ!と近所のヤマダ電機を除いてみると取扱いがない!

次に訪れたのはビックカメラ。

スマートウォッチの売り場はまだまだ小さく、なかなか自力で見つけることができません。仕方なく店員さんに売り場を聞いてやっと見つけました。

腕時計のような丸いフォルムのGPS機能機能付のスマートウォッチや、スリムで軽量なものまで、いろいろな種類のものが並んでいます。

でも、Xiaomi Mi band 3ほどの機能が付いていて5,000円を切って購入できるスマートウォッチはないようです。

4,880円(税抜き)でGET!

残り在庫2個でした~。

早速開封します。

ネットで検索した時の画像はXiaomi Mi band 2のものが多く、その時の高価そうな箱とは違い、Xiaomi Mi band 3の箱はちょっと安っぽい・・・苦笑

箱の中には、本体と充電するためのケーブル、日本語対応の取扱説明書が入っています。

実際、手に取ってみると軽い!これなら睡眠時もストレスなく付けられそう。

取扱説明書に記載してある専用アプリ Mi Fit のQRコードをiPhoneにダウンロード。

早速、ペアリングしよ~と思っていたら、あれ?反応がないぞ。。。

あ、充電してないからか。。。笑

2時間くらいでフル充電になりました。

ちなみに、バンドの色はオプションで購入することもできますよ。

通勤時に使えるような、落ち着いたバンドも揃っているのでTPOに合わせて交換するのもあり。

睡眠分析

開封してから充電したり、設定をしていたら夜になってしまったので、左手首にバンドを巻いて就寝。。。。

気のせいか眠れない。

夜遅くまでPCをいじっていたせいか、初めての睡眠分析に緊張してるのか。。。笑

翌朝の睡眠分析の結果です。

翌日は土曜日だったのでいつもよりだいぶ遅くまで寝ていました。

入眠が遅過ぎるとコメントが。。。金曜の夜だったので夜更かししてました。反省。

この睡眠分析によると、深い眠りは1時間24分。浅い眠りは5時間42分。覚醒時間は2分

思ったより深い眠りの時間が少ないという結果になりました。でもスコアをみると84点。まあまあ高得点?

黄色い線のところは、覚醒時間を表していて、この2分の間にトイレに起きました。

すごい、正確だ。

子供たちにこの睡眠分析の結果を自慢げに見せると、いつもはそれほど関心を示さない子供たちに思わぬ反応が。。。

「今日の夜貸して!使ってみたい」と言われ、比較も兼ねて貸すことにしました。

どんな睡眠分析結果になるのか、翌朝が楽しみです。

結果は後日・・・

気になるLINEの通知は?

一番期待していた、Xiaomi Mi band 3の通知機能。

どんな表示になるのか試してみました。

LINEについては、iPhoneの通知設定によって表示の仕方が変わります

メッセージ通知の内容表示がONになっていると、Xiaomi Mi band 3の画面に送信者とメッセージの内容が表示されました。

この設定がOFFになっている場合は、LINEが届いたというメッセージのみの通知となります。

スマホがバッグなどから出せないときなどは、スマホ側の設定をメッセージ通知の内容表示ONにしておくと便利ですね。

ブルブルと振動があり、メッセージが届いたことを知らせてくれます。

わかりやすいですね。

メールなども設定すればちゃんと届きます。

歩数カウントは?

いつもの買い物は車を使うのですが、Xiaomi Mi band 3をつけているので徒歩で。笑

天気もよくお散歩日和。

1日装着したあと、歩数を確認すると8850歩。ウォーキングの距離は4.4キロでした。

ちゃんとiPhoneに結果が自動で同期されています。

普段、自宅にいるときはiPhoneを持ち歩いていないので、休日の歩数がカウントされていないのですが、このXiaomi Mi band 3を装着しているので目標の8,000歩をクリア。

なんか、健康的になりそうな予感がします。

まとめ

今、注目のスマートウォッチ。

いろいろな機能が付いていて、スポーツをする人や健康志向の方に人気があります。

使ってみると、とても便利で手放せません。

Xiaomi Mi band 3は値段も安く、私のようなスマートウォッチ初心者にぴったり。

設定はほかにもいろいろ出来そうなので、しばらく使いながら探っていきたいと思います。

ちなみに・・・Xiaomi は中国の会社で2018年ウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)のシェアが世界NO.1なんですね。知りませんでした。

現在日本では、TJC株式会社が唯一の販売代理店となっています。

次回は、毎週通っているボクササイズ「カーディオボクシングワークアウト」でのXiaomi Mi band 3の測定結果などもレポートしてみたいと思います。

追記

カーディオボクシングワークアウトでのXiaomi Mi band3の記事を追加しました

chakorepo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする