%page_title% | ちゃこれぽ

盛岡といえばイーハトーブと冷麺  

週末に盛岡へ行ってきました。
盛岡といえば、何を思い浮かべますか?

食べ物では冷麺やじゃじゃ麺などが定番ですね。

そして文豪で有名なのは、石川啄木や宮沢賢治でしょうか?

今回は、盛岡駅から気軽に徒歩で行けるスポットや美味しい食べ物をご紹介します。

イーハトーブアベニュー

宮沢賢治による造語で、賢治の心象世界中にある理想郷を指す言葉と言われています。

盛岡駅から徒歩で15分くらい歩いたところに、宮沢賢治のモニュメントが並ぶイーハトーブアベニューがあります。

4月~11月の毎週土曜には、「材木町よ市」が開かれ、約430メートルの商店街が歩行者天国に。沿道にはおよそ100店舗以上の露店が建ち並びます。

盛岡で有名なベアレン醸造所の地ビールや手づくりの惣菜、郷土食など、さまざまなグルメを味わえたり、旬の野菜や果物をお手頃価格で購入できたりするんですよ。
私が訪れたのは、10月連休の日曜日だったので、残念ながら「材木町よ市」の雰囲気を味わうことはできませんでした。

また、このイーハトーブアベニューには、宮沢賢治が生前に刊行した童話集

「注文の多い料理店」を出版した光原社があります。

中庭には出版の地の碑と、童話「烏の北斗七星」の一部を刻んだ石柱が建っていますので、

ぜひ訪れた際には見つけてみてくださいね。

そして、ここには童話の世界に入り込んだような雰囲気を醸し出しているアンティークな喫茶室 可否館があり、いつも多くの人で賑わっています。

宮沢賢治のポストカードや喫茶室 可否館で人気の「くるみクッキー」などを購入したい場合は、向かい側にある、光原社モーリオへ。

喫茶室 可否館に入らなくても、ひとつからでも購入できます。(もちろん箱入りもあります)

このくるみクッキーはしっとりとしていて、中にはくるみのペーストがたっぷりサントされています。甘さ控えめでとても上品なお味。とても美味しかったです。

シンプルな包装なので、一見どこのお土産?と思われる方が多いかも知れません。

宮沢賢治ファンの方へ差し上げたい、ちょっと「通なお土産」です。

冷麺 vs じゃじゃ麺 vs わんこそば

盛岡で麺と言えば、冷麺・じゃじゃ麺・わんこそば。

この3つは「盛岡の三大麺」と言われています。

盛岡のビジネスホテルのロビーには、「めん都もりおかMAP」なるものが置いてあり、三大麺の店の名前と場所が掲載されていますので、行きたいお店を探すのに便利!

今回は冷麺のお店3店舗を食べ比べしました。

冷麺

都内在住だと、冷麺といえばぴょんぴょん舎の名前が真っ先に上がりますが、盛岡には、盛楼閣、大同苑、岩手県庁の近くの食道園など、沢山の美味しい冷麺のお店があります。

観光で行きやすいのは駅前にある、ぴょんぴょん舎と盛楼閣。どちらも人気店なのでお昼時の新幹線到着後などは特に混んでいますので、時間に余裕がない方は注意が必要です。

ぴょんぴょん舎

ぴょんぴょん舎の辛さは4段階。でも中辛からの4段階なので、辛いのが苦手な方は別辛を注文して、少しづつ調整するのがよいでしょう。

盛楼閣

盛楼閣は辛さは細かく6段階に分かれています。

他店よりも太めで歯ごたえがあり、スープも透き通っていて美味しいです。

焼肉・冷麺ヤマト

車で行けるファミレスのような大型店舗。お得なランチメニューも充実しています。

辛さも段階が選べ、今回はカクテキを別添えで注文。

辛さの中にも甘みもあり、とても美味しいです。

店舗によって、冷麺まつりを開催している時期があり、この時期はなんと冷麺が半額!そして、寒い時期に嬉しい、温麺もありますよ。

そして、通常時期はJAFカード会員はレジで会員カードを提示するだけで、なんと冷麺が200円引き!しかも、今回は二人で冷麺を食べたのですが、二人分割引(400円)になりましたよ~

焼肉・冷麺ヤマトに行く際には、JAFカードをお忘れなく・・・!笑

今回はこの3店舗をご紹介しましたが、まだまだ盛岡には冷麺のお店が沢山ありますので、お好みのお店を探すのも楽しいですね。

じゃじゃ麺

盛岡駅のフェザンの中の「おでんせ館」の一角に、白龍(ぱいろん)というじゃじゃ麺の有名店があります。

じゃじゃ麺を初めて食べたのですが、ちょっと最初のイメージと違いました。

まず、肉味噌。辛いのかと思っていたのですが、どちらかというと甘い。

そして、思ったよりキュウリが厚切り。笑

お皿の脇にはショウガのすりおろしと、赤い紅ショウガ。麺は平麺です。

お好みで、卓上にある調味料を足していきます。私は、お酢とラー油を追加しました。

そして、肉味噌が全体に混ざるように、思いっきりかき混ぜます。

このじゃじゃ麺には、もう一つのおいしい食べ方があるんですよ。

それは、「ちいたんたん」

プラス50円で追加できます。

じゃじゃ麺を一口残して、お皿に生卵を割り入れてかき混ぜます。

店員さんに、お箸と一緒にお皿ごと渡して、ゆで汁を入れてもらいスープに。

お好みで塩や肉味噌、ラー油などを足してくださいね。

ふわふわの卵スープができます。美味しかったです~。

このちいたんたんですが、大人の休日倶楽部のカードを提示すると、ちいたんたんが無料!しかも、今回も2人分無料になっちゃいました!

嬉しいサービスですね〜。

次回盛岡に行った際には、わんこ蕎麦はチャレンジしてみたいと思います。

おすすめのお土産&スイーツ

盛岡には美味しいお土産も沢山あります。盛岡駅ビルのフェザンの中にも沢山の店舗がひしめいています。

今回は我が家で人気だったスィーツのお土産をご紹介します。

チーズケーキ専門店「チロル」

まずは、盛岡市内にあるチーズケーキ専門店「チロル」。

店舗は少し裏通りに面したところにあるかわいらしい外観のお店です。

一番の人気は、プレーンタイプの「ふわっと超濃厚スプーンで食べるクリームチーズケーキ」

濃厚なチーズとふわっと軽い口溶けで、どなたにも喜んで頂けるお土産です。

盛岡駅ビルのフェザンの中でも購入できます。

タルトタタン

日持ちが気になる方には、タルトタタンがおすすめ。大きめのりんごがざくざくと入っている焼菓子です。個包装なので、軽くて日持ちがよく、職場に配るお土産として最適。ほかにも、不来方(こずかた)バウムやミルクまんじゅうもおすすめです。

店舗には人気の焼菓子を詰め合わせた、おすすめセットもありますよ。

いくつか少しづつ、食べ比べてみたい!という方に人気です。

チョコ南部プレミアム

南部せんべいは盛岡の有名なお菓子ですが、チョコ南部プレミアムは南部せんべいをチョコレートでコーティングした、新しい食感のお菓子です。

我が家ではチョコ南部のほかに、スター・ピーナツやアール・アンド・ビー・ブラウニーが特に人気でした。

こちらはシキズ・セサミ。

ドライフルーツ(イチジク、マンゴー)が入っていて、大人感漂う、高級チョコレート菓子です。

おとりよせネット「地域の名品16選」にも掲載されました!

いかがでしたか?

盛岡に行く際には、ぜひ参考にしてくださいね。

chakorepo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする