%page_title% | ちゃこれぽ

顔のたるみ防止に効果的なたった1つの習慣とは?

先日、レプロナイザー3Dプラスという美髪をつくるドライヤーのお話をしました。

今日はブラッシングの大切さについて、お伝えしたいと思います。

ブラッシングの大切さとは?

40代になると、顔のたるみや額のシワなど気になる部分が出てきますね。

みなさんは顔のたるみ防止にどのようなお手入れをされていますか?

リフトアップ効果のある美容液を使用したり、エステに通っている方も多いかも知れませんね。

でも、もっとお金の掛からない方法で、もっと簡単に顔のたるみを防止することが出来る方法をご存じですか?

それは、毎日のブラッシングです。

ブラッシングには顔のたるみを防止する効果があります。

頭皮と顔の皮は一枚の皮膚で繋がっているので、ブラッシングをすることで頭の凝りをほぐし、顔のたるみを防止する効果があるのです。

若いときは、一日に何度も鏡を見ながら髪を梳かしていたのに、最近では忙しくてブラッシングする習慣が減っていませんか?

でも、本当は私たちのような40代の女性にとって、とても大切なことなんですね。

あなたの地肌は健康ですか?

地肌の状態も大切です。

あなたの地肌を指の腹で押してみてください。

どうですか?柔らかい頭皮でしょうか?

もし、硬いと感じるコチコチの地肌なら血行不良になっている可能性があります。

血行不良になると、頭皮に必要な栄養素が地肌まで届かず、ハリのある頭皮が作られません。

頭皮の血行を良くするには、ブラッシングで適度なマッサージ効果を与えるのが効果的です。

そうすることで頭皮のたるみを防止し、顔のリフトアップ効果につながるのです。

ブラッシングに良いブラシ?

では、どのようなブラッシングにはどのようなブラシがいいのでしょう?

普通のプラスティックのブラシでいいの?

お勧めはアヴェダのパドルブラシ!

平子理沙さんや藤原紀香さんなど多くの芸能人も愛用しているブラシです。

お風呂に入る前にこちらで軽くブラッシング。時々ポンポンと軽く頭皮をたたいてほぐします。

頭皮の血行がよくなり、凝りもほぐしてくれます。

そして、ドライヤーで乾かす前にもブラッシング。

こうすることで髪の絡まりが減り、切れ毛などを防ぐ効果があります。

アヴェダのパドルブラシは、クッション性を高めるために、空気穴が一箇所空いています。

この小さな穴が、ブラッシングの際に頭皮に過度な力が入らないよう工夫されているんです。

また、乾いた髪に使用するブラッシング用のブラシとして、お勧めなのは、

「メイソンピアソンの猪毛ブラシ」

適度な硬さで、猪毛ブラシ購入の最初に1本として、勧められています。

メイソンピアソンのヘアブラシは、ロールスロイスといわれ、こちらも平子理沙さんをはじめ、 梨花さん、 佐々木希さんなど 多くの芸能人の方々も愛用されているブラシです。

あなたも一度手に取ってブラッシングしてみてください。

ほんとに違いがわかりますよ。

雨の日、うねった髪もメイソンピアソンのブラシで梳かすとだいぶ落ち着きます。

安いプラスティック製のブラシとは雲泥の差。

そして、ブラッシングをすることで、頭皮の皮脂が表面に行届くので、パサ付いた髪に適度な艶が生まれます。

もし、買ってみようかなと思っている方がいましたら、専用クリーニングブラシがついているタイプがいいですよ。

実は、メイソンピアソンのブラシは髪に付いたホコリなどもよく取れるんです。

当然ながらブラシ部分にホコリが付きます。

それを掃除するのが、なかなかタイヘン。

私は、購入の際に予算がなかったので、専用クリーニングブラシのない少しお値段の安いタイプのものを購入しましたが、あとなってから少し後悔しましたので、アドバイスとなれば幸いです。


chakorepo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする