%page_title% | ちゃこれぽ

道後温泉一人旅 いよいよ温泉へ

いよいよ道後温泉へ向かいます。

道後温泉駅は和風モダンな造りで温泉街にぴったり。

スターバックスが入っていますが、モダンな駅舎にすっかり馴染んでいます。

道後温泉駅に降りると目の前にカラクリ時計。すぐ横に足湯があります。

いいですね~。足湯。朝から沢山歩いたのでとっても気持ちいい!

道後温泉駅

カラクリ時計

道後温泉本館

道後ハイカラ通りを抜けると、道後温泉本館がお出迎え。

道後温泉本館は日本最古と言われる温泉で、年間100万人近い観光客が訪れます。

2018年秋以降には本館の保存補修工事が予定されており、一部の施設が使えなくなるとのこと。

休館にはなりませんが、工事終了までは7年掛かるといわれています。

工事の前にぜひ、皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか?

道後温泉本館

道後温泉チケット購入の仕方

道後温泉本館の入り口でチケットを購入します。

4つのコースがあり、一番人気は「神の湯二階席コース」です。

まずは、西正面入り口でチケットを購入。料金は840円。

利用時間は1時間以内。お茶菓子におせんべいが付きます。貸しタオルとみかん石けん、浴衣の貸し出しがありますよ。

コースによって、浴衣の柄が違います。おもしろいですね。

館内にある、「坊ちゃんの間」などの施設も見学できます。

中のロッカーに荷物を預けて、温泉へ。

中はモダンな石作りのような湯船です。横の壁には、砥部焼の陶板画も。

風情があります~。

湯釜からは絶え間なく、道後のお湯が溢れていました。

お湯は少し、熱め。暑くなったら、湯船から出て少し休憩します。

今日は月曜でしたが、夕方16時以降からだんだんと混んでくるとのこと。

いいお湯でした~。

こちらには、一般的なお風呂屋さんに置いてあるようなアメニティなどはありませんので、ご注意ください。

また、ドライヤーも現金を投入して使用するシステムになっているため、髪を洗ったあと乾かしたい方は、小銭を用意しておくと便利ですよ。

さて、お湯を楽しんだあとは、すぐそばにある「道後麦酒館」で湯上がりの一杯を!

お持ち帰りも出来ます。

愛媛は美味しいものが沢山ありますね~!!

道後温泉ビール

今夜の宿は、道後温泉本館の目の前の「ホテルパティオ・ドウゴ」です。

今回は素泊まりで利用させていただきました。

道後温泉本館が目の前ですので、いつでも好きなときに温泉に行くことができ、非常に便利。

ただ、回りに飲食店がそれほど多くないので、注意が必要。

ホテルから宅配を利用してみた

一人旅ではお土産などで荷物が増えがち。ついつい買ってしまってスーツケースにパンパンなんてこと、ありますよね?

今回、初めての愛媛上陸に浮かれて、ついついお土産を買いすぎました。。。

道後温泉ビール、一六タルト、母恵夢、そしてまだ空港でじゃこカツも買う予定です。

一人旅だと荷物を持って移動するのは、意外と大変。

そこで、私は今回、ホテルパティオ・ドウゴからダンボール箱(みかん箱サイズ)を購入し、自宅へ荷物を配送することにしました。

着払いなら「ヤマト運輸」前払いなら「日本郵便」が選べました。

送料は東京まで1500円程度。翌日には届くとのこと。

重量は関係なく、箱に詰めれるだけ詰めて、帰路は身軽に帰ることができました。

旅行先で初めて宅配便を利用してみましたが、こんなに快適だったとは。。。驚きです。

でも、日持ちのしないお菓子類など、急ぎのお土産などは手持ちで持って帰りましょうね。

道後温泉一人旅 東京ラブストーリーロケ地へはこちら

道後温泉一人旅 松山城へはこちら

chakorepo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする